【プロジェクト管理】Redmineとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Redmineとはプロジェクトを管理するためのWebベースのソフトウエアだ。本記事では「Redmineとは何か」、「なぜ必要なのか」について解説する。

Redmineとは何か

プロジェクトは、期限内に行うべきいくつかのタスクの繋がりからできている。タスクというのは仕事のことだ。例えば、家族で行うピクニックへ出かけるプロジェクトがあったとしよう。このプロジェクトは、お弁当を作る仕事や自動車にシートを積み込む仕事や家族を運転して公園に連れて行く仕事などいくつかの仕事の繋がりからできていると言える。

Redmineの公式サイト(URL: http://redmine.jp/)

Redmineを使うとこれらのタスクの繋がりが分かる。また、タスク一つ一つを誰がいつまでに行う必要があるか、また現在どれくらいできているかなどの情報をプロジェクトの参加者みんなで共有できるようになっている。

なぜ必要なのか

今時のプロジェクトでは開発チームのメンバーが離れた場所にいるというのは珍しくない。そのため、プロジェクト管理システムは離れた場所にいるチーム全員が情報を共有するためにWebベースであることが必須だ。

また、タスクの数が少なければプロジェクトのメンバー全員に送られるメールの文書でもプロジェクトがどれくらい進んでいるかを知らせるのはそれほど難しくないだろう。しかし、タスクの数が多くなると文書では難しい。やはり直感的に理解できるチャートが必要だ。

Redmaineでは、ガントチャートが準備されている。このチャートを使えば、どのタスクがどれだけ終わっているか、関係する他のタスクはどうかという点が一目瞭然だ。

これ以外にもプロジェクトを管理するための機能がたくさん備えられている。どんな機能かというと、バージョン管理との連携やカレンダーやニュースなどだ。

まとめ

本記事では「Redmineとは何か」、「なぜ必要なのか」について解説した。これから開発現場に行かれる方にはご覧頂きたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する