rdコマンドの使い方を簡単にご紹介【Windowsコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RDはディレクトリを削除するコマンドだ。

RDコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおり、シンプルな書式だ。

> RD ディレクトリ名

RDはRMDIRの略で、次のようにコマンド名をRMDIRと入力することもできる。

> RMDIR ディレクトリ名

ディレクトリd10を削除するには次の通りだ。

> RD d10

windows-command-rd

ディレクトリd10を削除した。

空ではないディレクトリを削除しようとすると、警告のメッセージが表示される。

windows-command-rd

RDコマンドのオプションたち

オプションの一覧

後から詳細をご紹介するが、まずは一覧で見てみよう。

オプション /S

空ではないディレクトリも削除する。

オプション /Q

/Sオプションが設定されている時、確認しない。

/Sオプション:空ではないディレクトリも削除する

空ではないディレクトリを削除する。書式は次のとおりだ。

> RM /S ディレクトリ名

空ではないディレクトリd100を削除する場合は、次のコマンドだ。

> RM /S d100

windows-command-rd

空ではないディレクトリd100を削除してもいいのか確認があるので、Yを押せば削除される。

/Qオプション:/Sオプションが設定されている時、確認しない

/Sオプションが設定されている時、確認のメッセージを表示しない。

> RM /S /Q ディレクトリ名

空ではないディレクトリd100を確認なしで削除する場合は、次のコマンドだ。

> RM /S /Q d100

windows-command-rd

空ではないディレクトリd100を確認なしで削除した。

RD関連コマンド

最後にRDコマンドに関連して、ディレクトリを操作するコマンドも紹介しておく

DIRコマンド

ディレクトリを表示する。

CDコマンド

ディレクトリを移動する。

MDコマンド

ディレクトリを作成する。

まとめ

今回は、ディレクトリを削除する、RDコマンドについて紹介した。

ディレクトリの作成、削除などの操作は頻繁に行うのでMDコマンドとセットで覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる