【Java入門】マイナスの数値を扱う単項マイナス演算子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
単項マイナス演算子

Javaには単項マイナス演算子と呼ばれる演算子が用意されている。

深く考える必要はなくて、単純に「マイナス」という言葉と使いかただけ思い出していただければそのままだ。

念のため、細かく解説をしておこう。

Javaの単項マイナス演算子の使い方

Javaのマイナス演算子「-」には、単項マイナス演算子と算術演算子の二種類の使い方がある。

算術演算子の場合は、「-」を挟んで左にある数値から右の数値を減算する。まあ、要するに下のような普通に引き算だ。

演算結果値 = 5 - 2;

一方、単項マイナス演算子は、値の前に付けることによって、値の符号を逆にする。つまり、プラスの値であればマイナスに、マイナスであれば、プラスにする。

「-1をかける」と考えてもいいし、数学を覚えている方であれば、普通に「ああ、はいはい、マイナスにするのね」という理解でも十分だ。

単項マイナス演算子による演算の順序は、右に向かって行われる。例えば、マイナス符号の右に値があれば、その値が演算の対象になる。

書き方の基本は簡単だ。

演算結果の値 = 単項マイナス演算子 オペランド;

わかりやすく書くと、

演算結果の値 = -5;  

演算結果の値 = -(-5);

などのようになる。

では、実際のプログラムからその使い方を見てみよう。

単項マイナス演算子を使ったサンプルプログラム

このサンプルプログラムは、単項マイナス演算子を実数、整数型変数、浮動小数点型変数と3つの異なる種類の値の前に置いている。それぞれの値が、単項マイナス演算子によって符号が反転している。

どの種類の数値であってもこの演算子は使える。

プログラムの中で、マイナスの実数を表すために「(-12)」のようにマイナスの値を括弧で挟んでいる。この点の詳細は、括弧の働きについて書かれた後のセクションで学んでほしい。

実行結果

サンプルプログラムの説明

それでは簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1] 変数integerResultを宣言し、-12を代入する。
  • [2] integerResultを表示する。
  • [3] 変数integerResultに-(-12)を代入する。
  • [4] integerResultを表示する。
  • [5] 変数plusIntegerValueを宣言し、12を代入する。
  • [6] 変数minusIntegerValueを宣言し、-12を代入する。
  • [7] 変数integerResultに-plusIntegerValueを代入する。
  • [8] integerResultを表示する。
  • [9] 変数integerResultに-minusIntegerValueを代入する。
  • [10] integerResultを表示する。
  • [11] 変数 plusDoubleValueを宣言し、3を代入する。
  • [12] 変数 minusDoubleValueを宣言し、-12.3を代入する。
  • [13] 変数doubleResultを宣言し、- plusDoubleValueを代入する。
  • [14] doubleResultを表示する。
  • [15] 変数doubleResultに-minusDoubleValueを代入する。
  • [16] doubleResultを表示する。

まとめ

このページではマイナス単項演算子についてお伝えをした。さして深く考える必要はなく、中学1年生で習った「マイナス」というのだけ思い出しておけば、そのままプログラミングにも使えるということだ。

参考にしてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*