【初心者向け】条件をさらに分ける! Javaのelse-ifの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Javaのif文には、さらに条件を分けていくif else文というものが存在する。「もし○○なら△△する。そうでなくて、●●なら▲▲する」という場合に活躍する文法だ。

このページでは条件追加して分岐を増やしていくJavaのelse ifについてお伝えしよう。

else-if文の基本的な使い方

else ifは次のような処理のときに使える。

コンビニに行って、おでんがセールだったらおでんを、おでんがセールでなくておにぎりのセール中であればおにぎりを、いずれでもなければパンを買うような処理だ。

else-if

ifを2回挟んで確認するような処理になる。2回目のifで登場するのがelse ifだ。

これを日本語的に書くと、

コンビニに行く。

もし、おでんがセール中なら、おでんを買う!

おでんがセール中でなく、おにぎりがセール中なら、おにぎりを買う!

いずれでもなければパンを買う!

帰る。

となる。

これをプログラミングで表現するのが「else if文」の役割だ。次のようになる。

コンビニに行く。
if(おでんがセール中なら){
 おでんを買う!;
} else if (おにぎりがセール中なら) {
    おにぎりを買う!;
} else {
 パンを買う!;
}
帰る。

else ifのような文法は他のプログラミング言語でも必ず登場していくる。理解しておこう。

Javaのelse if文を組み合わせる使い方

 

使い方は次の通りだ。

elseも登場するパターン

ifではじめに確認し、続いてelse ifで確認して、最後にその他はこうしよう、というプログラムだ。上のコンビニの例がこれに当たる。文法は次の通りだ。

if ( 式 ) {
  文;
} else if ( 式 ) {
  文;
} else {
  文;
}

なくてもいい

elseはなくても動く。また、else if を複数つなげることもできる。

if ( 式 ) {
  文;
} else if ( 式 ) {
  文;
}

では、この点をサンプルプログラムで確認してみよう。

ifとelse ifとelse文の組み合わせサンプルプログラム

このサンプルプログラムは、if-then-else文を組み合わせて色々な条件を作り出している。numberを値に応じて、3つの範囲に分類するときこの組み合わせが使える。

  • 範囲1:numberが1から9
  • 範囲2:numberが10から99
  • 範囲3:numberが100以上

実行結果

サンプルプログラムの説明

それでは簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1]変数numberを宣言し、初期値の200を代入する。
  • [2][3] もしnumberが1以上で9以下ならば、「number : 1 - 9 」を表示する。
  • [4][5] もしnumberが10以上で99以下ならば、「number : 10 - 99 」を表示する。
  • [6][7] それ以外ならば、「number >= 100」を表示する。

if-elseが複数あるサンプルプログラム

このサンプルプログラムは、if-then-else文とif文を組み合わせて色々な条件を作り出している。numberを値に応じて、3つの範囲に分類するときこの組み合わせが使える。

  • 範囲1:numberが1から9
  • 範囲2:numberが10から99
  • 範囲3:numberが100から999

実行結果

サンプルプログラムの説明

それでは簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1]変数numberを宣言し、初期値の200を代入する。
  • [2][3] もしnumberが1以上で9以下ならば、「number : 1 - 9 」を表示する。
  • [4][5] それ以外で、もしnumberが10以上で99以下ならば、「number : 10 - 99 」を表示する。
  • [6][7]それ以外で、numberが100以上で999以下ならば、「number : 100 - 999」を表示する。

まとめ

このページではJavaのelse if文についてお伝えしてきた。条件分岐の際に、必ず使うことになる文法なので、正確に使い方をマスターしておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*