ラッパークラスの種類

ラッパークラスの種類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページではラッパークラスの種類をご紹介しよう。

基本的には基本データ型の先頭文字を大文字にしたものがラッパークラスの名前となっている。

ラッパークラスの種類

各基本型に対応するラッパークラスの一覧はこうだ。

基本型

ラッパークラス

boolean

Boolean

char

Character

byte

Byte

short

Short

int

Integer

long

Long

float

Float

double

Double

int型のラッパークラスはIntegerクラス、boolean型のラッパークラスはBooleanクラスというように、基本的には基本データ型の先頭文字を大文字にしたものがラッパークラスの名前となっている。

しかし、char型とint型だけは異なるので注意しよう。

一覧で紹介したように、各ラッパークラスはjava.langパッケージに含まれるそれぞれ独立したクラスである。しかしBooleanクラスとCharacterクラスを除いたクラスは全て数値を扱うクラスで、java.lang.Numberを親として持っている。

そのため、内部のメソッドには名前も同じ、処理の内容もほとんど同じというものがいくつかあるので覚えておくといいだろう。

次のページで使い方をご説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*