【初心者向け】Linuxのファイルとファイル操作まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Linuxファイル操作

Linuxの基本操作としてまず覚える必要があるのが、ファイルの操作だ。

ファイルという言葉は、WindowsでもMacでも同じように聞くのでイメージはついていると思う。

このページではLinuxのファイルとファイル操作について基礎からご紹介しよう。

Linuxのファイル

Linuxのファイルとは?

Linuxのファイルは、特別なものではない。WindowsやMacのそれとまったく同じものだ。

ファイル

上の図の2つはどちらもファイルだ。Wordで作ったドキュメントや、メモ帳で作ったテキストファイルなどデータの塊をファイルと言う。

Linuxではコマンドで動かす黒い画面(CUI)で見ることが多いため、名前だけでアイコンがなくイメージがしにくいかもしれない。しかし、まったく同じものをイメージしながらファイル操作を覚えるとわかりやすいだろう。

ファイルの一覧を見る

Linuxだとそもそもファイルを見ることができない。ログインした後はこのような画面が出てきて、わかりにくいだろう。($の左に書いてある部分は違っても構わない)

コンソール

これはWindowsやMacで言うと、フォルダを開いている状態だ。

フォルダを開いた状態

開いているだけで中身は見ていない形になる。ファイル一覧を確認するときに使うのが「lsコマンド」だ。

$ ls

実際やってみると、次のように何も変わらずまた「$」が出てきた。

lsコマンド

これはフォルダに何も入っていないということだ。後ほど入っている状態でも確認をしてみる。

Linuxのファイル操作

概要はなんとなく掴めたと思うので、実際の操作をやってみよう。操作とはファイルの作成やコピー、名前の変更などだ。

ファイルの手っ取り早い作成方法

まずは操作するためファイルをいくつか用意しておきたい。ファイルを作成する方法はたくさんある。WindowsでもWordを使って新規保存したり、Excelを使って新規保存したりと色々な手段があるはずだ。

おいおい色々な方法はお伝えしていくが、一番手っ取り早く作成する方法をお伝えしよう。「touchコマンド」を使う

$ touch ファイル名

これで中に何も入っていないファイルが作成できる。実際にやってみよう。

$ touch test.txt

touchコマンド

また何も出ずに$が表示されてしまっている。この状態からlsコマンドで中身を確認してみる。

touchコマンドの後のls

今度は「test.txt」という文字が表示された。lsコマンドでファイルを閲覧したら、今開いているフォルダ内でtest.txtファイルが見つかったという表示だ。

もうひとつ作って、再度lsを叩いてみる。

$ touch test2.txt

touch test2

今度は「test.txt」「test2.txt」という2つのファイルが確認できた。touchとlsの使い方はおおむねわかっただろうか?

※ 画面を綺麗にするために「clear」というコマンドを使って画面を綺麗にした後に「touch test2.txt」を打っている。特にやる必要はない操作だが、「画面が違う!」と引っかかってしまう方がいるかもしれないので、一応ご共有しておく。

ファイルのコピー

続いての基本操作はコピーだ。Windowsであれば、「右クリックからコピー」でコピーし、「右クリックから貼り付け」でコピーを作成できる。

ファイルのコピー

これと同じ操作をLinuxでするときは「cpコマンド」を使う。

$ cp コピーするファイル名 コピー先のファイル名

実際にやってみる。

$ cp test.txt test_copy.txt

cpコマンド

このようにtest.txtファイルをコピーして、test_copy.txtファイルが作成された。

cpコマンドにも色々とオプションがある。次のページで詳しいので、興味があれば確認していただきたい。

ファイルの名前変更

続いてこれもよく実施するファイルの名前変更だ。これには「mvコマンド」を使う。moveの略なので、本来的にはファイルの移動のためのコマンドだ。Linuxではこの移動コマンドを使って名前を変更する。移動についてはLinuxのディレクトリに関するページで取り上げる。

$ mv 名前変更ファイル 変更後の名前

で名前の変更が可能だ。実際にやってみる。

$ mv test2.txt test2_mv.txt

test2.txtからtest2_mv.txtに名前を変えるコマンドだ。

mvコマンド

このようにtest2.txtからtest2_mv.txtに名前が変更されたのが確認できた。mvコマンドについては下記が詳しい。

ファイルの閲覧

ファイルの中身を見る方法をご紹介するが、現在どのファイルも空で見ても面白みがないため、ファイルの中身を入れてみよう。

下記のように打ってほしい。

$ date > test.txt

dateコマンド

「>」の意味はまだわからなくて構わない。dateコマンドは日付を出力するコマンドでそれを矢印の向き(text.txt)に入れているくらいのイメージで十分だ。

ファイル閲覧の方法は様々ある。一番簡単なcatコマンドを試してみよう。

$ cat ファイル名

でファイルの中身を見ることができる。

catコマンド

このようにtest.txtファイル内に日付のデータが入力されているのが確認できた。catコマンドの詳細については下記を参考に。

ファイルの削除

最後はファイルの削除だ。ファイルの削除には、rmコマンドを使用する。removeの略だ。

$ rm ファイル名

実際にやってみよう。

rmコマンド

このようにtest2_mv.txtが削除できた。

まとめ

このページではLinuxでのファイル基本操作についてまとめてお伝えした。

これらのコマンド操作はLinuxを使う上で必須になってくる。はじめは大変かもしれないが、必ず覚えておきたいコマンド群だ。

何度も繰り返して、指になじませてしまおう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*