【初心者でもわかる】Linux CentOSのインストール方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
centosのインストール方法

CentOSはLinuxサーバーを構築するときファーストチョイスとなるOSだ。

このページではCentOSのインストール方法について詳しくまとめた。対応したOSはCentOS7だ。

Linuxのインストールというと難しく聞こえるが、それほど難しいものではない。下記の順番通りに作業を進めれば、CentOSのインストールは問題なく完了できるはずだ。

CentOS 7インストールのための準備

ISOファイルとは?

まずISOディスクイメージを取得する。ISOファイルとはCDやDVDなどの中身を1つにまとめたファイルのことだ。これをイメージファイルなどと呼ぶ。

もともとLinuxなどはCDROMを入れてインストールすることが多い。なぜこの時代にCDROM?と思うかもしれないが、LinuxはOSだからだ。

何もない状態からインターネットにアクセスして、何かをダウンロードし、インストールすることはできない。

ISOファイルをダウンロード

まずは公式ページにアクセスしよう。

CentOS homepage

https://www.centos.org/

Get CentOS Nowボタンをクリックする。

CentOS homepage2

ダウンロードに時間がかかるが今回は素直にDVDISOをダウンロードする。

ネットワーク回線が狭い環境の場合MinimalISOを選ぶと良いだろう。MinimalISOは最小構成でインストールするためのISOファイルだ。

他P2P技術を使い、分散ダウンロードするためのTorrentファイルというものと、クラウドコンピューティング用のイメージCloud or Container Imageというものが用意されているが今回は特に気にしなくてよい。

ISO ミラーサイト

ダウンロードするためのURLの一覧が列挙される。手早くダウンロードするために日本のサーバーを選択しよう。「Actual Country」の下が日本のサーバーだ。

CentOS7 インストール作業

インストール

それではCentOS7のインストール作業に移っていく。CentOS7はGUI(ユーザ画面)が整っていて、インストールもわかりやすい。

今回はVirtualBox上にCentOSをインストールすることにする。VirtualBoxに関して詳しくは下記を参照してもらいたい。

起動すると下のような画面が立ち上がる。

VirtualBox CentOSインストーラー

「起動したメディアに破損がないかをテストした後にインストールする」という項目もあるが、まずはそのままInstall CentoOS 7を選んでしまって問題ない。

続いて下記のような画面が立ち上がるはずだ。インストール時の言語設定を選択する。素直に日本語を選んでしまって問題ない。

CentOSインストール時の言語選択

続いて、インストール概要画面だ。

Centosインストール概要画面

先ほど日本語をインストーラー言語として設定した場合、地域設定に関しては特に設定を変更する必要はないだろう。SECURITYPOLICY及びKDUMPもそのままで構わない、明示的に指示しなければならないのは、「ソフトウェアの選択」と「インストール先」だ。

もとより、サーバーを構築する場合は「ソフトウェアの選択」も最小限インストールで問題ないだろう。

一番重要なのは「インストール先」だろう。

VirtualBox Centosインストール先

この項目でパーティション設定を行う。パーティションというのは簡単にいえばHDDやSSD上に仕切りを作るということだ。

Windowsだとはじめから「Cドライブ」や「Dドライブ」のように分かれているはずだ。

LinuxであるCentOSの場合、手動で分けることができる。

パーティションを仕切る理由は管理と保険だ。システムの起動や管理に領域とデータを保存する領域を分けると管理しやすくなるのはなんとなくイメージが付くはずだ。分けないと、データを保存しすぎて、システムに必要なデータが圧迫されて動かなくなる可能性がある。

また、データ保存の領域は色々な人がデータを入れる。誤って壊してしまっても、システムに影響が出ないように部屋を分けておくわけだ。

CentOSを自動構成パーティションでインストールする場合

今回は「自動的構成のパーティション構成」で問題ない。Linuxをとりあえず学習したいというユーザーは「自動構成のパーティション構成」を選ぼう、その場合何も考えずに左上の「完了」をクリックすればよい。初回はこれで十分だ。

下記の手動構成の項目は飛ばして次へ行こう。

CentOSを手動構成パーティションでインストールする場合

「自動構成のパーティション構成」を選択すればここは自動化されるが、このページでは詳細に記述してゆくことにする。入門者の方も以下の手順を頼りにパーティションを設定してみてほしい。

仮に環境を壊してしまったとしてもVirtualbox上なのでWindows環境が破壊されることはないので何回でもチャレンジできる。

VirtualBox Centos Disk

手動でパーティションを設定したい場合は「パーティション構成を行いたい」を選択しパーティション設定を行う。

すると下の様な画面が表示されるはずだ。

手動でパーティションを設定

今回は標準パーティションを3つ「/」「swap」「home」を作る。

まずはLVMから標準パーティションに変更する。

CentOS 手動パーティション設定

そして+マークをクリックすると次のような画面が出てくる。

CentOS 新規マウントポイントの追加

マウントする場所と容量を聞かれる。

マウントポイントは手動でパスを設定するかもしくは三角を押して、どこにマウントするかを指定できる。今はマウントポイントを「/」で容量は20GBとする。

Centos マウントポイントの割り当て領域

割り当てが終わると、詳細が表示される。

VirtualBox Centos マウント

デバイスタイプやファイルシステムを何でフォーマットするか?またファイルシステムの暗号化を行うかどうかを指定できる。

特にファイルシステムはxfsで使用上問題になることはないが、ここはLinuxで標準的なext4を使うことにする。ファイルシステムを「xfs」から「ext4」に変更する。

xfsからext4に変更

+マークを押して、パーティションを同じように作っていくことになる。swapパーティションを作る。

マウントポイントは「swap」とする。三角マークを押して「swap」を選べばよい。容量は搭載メインメモリと同じか倍がセオリーだ。それ以上swapを割り振ってもおそらくパフォーマンスは発揮されない、もしくはそれほどswapを必要とする場合メインメモリを増設した方が賢明だ。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_37_19-mount5

「swap」というのは、HDDやSSDをメインメモリの代わりとして使うことを指す。当然、読み込み及び書き込み速度はメモリの方が圧倒的にはやい、対してHDDやSSDは速度面で限界がある、そのためスワップを起こすとOS全体の反応は低下する。

「swap」パーティションを作るのは「メインメモリが足りないが何とか運用したい」という場合の「応急処置」だ。

今回は最後に「home」パーティションを指定する。マウントポイントは「/home」だ。割り当てる領域を指定しない場合限界まで容量を割り当ててくれる。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_40_04-mount6

こちらも詳細を確認する。ファイルシステムが「xfs」なので「ext4」に変更する。

VirtualBox Centos_25_06_2016_16_44_06-mount7

今回最終的にこの様な形になった。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_44_39-mount8

データとシステムで項目が分かれているが、CentOSの方が形式上そう言っているだけであって特に極端な意味合はなく、気に留める必要はない。

「完了」をクリックすると、変更履歴と変更を許可するかどうかを最終確認してくる。操作によってこの内容は変わってくるが、変更が正しければ「変更を許可する」をクリック。続いて「完了」をクリックする。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_45_54-mount9

CentOS ソフトウェアの選択

インストールを開始

最低限のインストール準備は整ったので「インストールを開始」してしまっても問題ないが、少し待とう。

標準設定では「最小限のインストール」が選択され導入される。

しかし初心者の方に「最小限のインストール」を選択し一から環境を構築しろというのはあまりに投げやりなので、今回は「ソフトウェアの選択」でデスクトップ環境をインストールすることにしよう。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_49_30-serect

デフォルトでは「最小限のインストール」にチェックが入っているはずだ。「選択した環境アドオン」はそれぞれのオプショナルパッケージだ。特に選択しなくても困らないことがほとんどだろう。またインストール後にパッケージマネージャーであるyumで個別にパッケージをインストールしていった方がクリーンな環境が出来上がることが多い。

今回は「GNOME Desktop」を選択した。他、選択肢として「KDE Plasma Workspaces」などが選択可能だ。選択したら「完了」をクリックする。

GNOME Desktop

KDE

ソフトウェアの選択はこれでOKだ。

ネットワークとホスト名

VirtualBox Centos 概要

「ネットワークとホスト名」もインストール段階で設定した方がよいだろう。

ここで設定しなくてもインストール後に手動で設定は可能だ、ここもインストール時点では省略可能だが、今いる画面の状態からマウスで設定してしまった方が入門者の方は楽だろう。以下を参照し設定してみてほしい。

しかし、よくわからない!となったら、デフォルトの設定でそのままインストールを開始してしまおう。ネットワークについてはまた後から考えればいい。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_53_28-network

上の様な画面になる。認識されているネットワークインターフェイスが表示される。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_54_00-network2

DHCPサーバーがネットワーク内で有効になっているのならば「オン」にすれば繋がるだろう。

通常の家庭内ネットワークはDHCPが有効になっていることがほとんどだ。特に設定しなくても「オン」にすれば繋がっているだろう。

また今回Virtualboxを標準設定のままインストールしていることを前提としている。この場合「オン」にすれば細かい設定は特に設定に触れなくても問題ない。「完了」をクリックしてインストール作業を続行しよう。

なお手動設定に関しても今回のページでは紹介していく、入門者の方は参考にしてほしい。

DHCPとは自動的にIPを振り分ける仕組みのことを指す、通常ルーターの標準設定で有効になっているはずなので、大概の方はこの時点で接続が確認できているはずだ。

手動でネットワークを設定したい場合は設定を押す。すると下の様な画面が表示される。Ethernet項目は特に触る必要はない。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_54_39-network3

「全般」は「この接続が利用可能になったときは自動的に接続する」に必要があればチェックをいれる。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_55_52-network4

セキュリティ設定は認証設定のできる特殊なLanスイッチなどを使っている場合必要な項目だ。入門者のあなたは全く気にしなくても問題ない項目なので、チェック入れないでおこう。

ネットワーク3

DCB(データセンターブリッジング)その名のとおりデータセンター向けの機能であり、これも特殊な機器が必要だ、入門者の方は特に触れる必要はない。

network

続いて、IPの設定をする。DHCPサーバーがネットワーク内に走っているのならば、そのままで問題ない。

自動的にネットワークがつながる場合は設定不要だという意味だ。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_56_52-network5

自分でIPを割り振る場合は方式を「手動」に変更する。

VirtualBox_centos_25_06_2016_16_57_45-network6

「アドレス」「ネットマスク」「ゲートウェイ」「DNSサーバー」を設定する、今回打ち込んである数字はあくまでも例なので、各々の環境に合わせること。最低限この四つが指定してあれば問題なくネットワークにつながるはずだ。

IPv4のセッティング

IPv6に関しては特に必要であれば設定する。今回はデフォルトのまま「自動」にしておく。

IPv6のセッティング

ネットワークの設定が終わったらアイコンを「オン」にしておく。ホスト名は任意の名前で構わない。

イーサネットをONに

CentOS7のインストール開始

いよいよインストール開始となる。「インストールの開始」をクリックしてインストールを開始する。

CentOS インストール開始

違和感があるかもしれないが、インストール中にrootのパスワード設定と一般ユーザーの作成を行う。

ユーザーの設定

rootのパスワードを設定する。パスワードは英字大小、数字及び記号を混ぜ8桁以上のものを使うこと。

パスワードの設定

設定し終わったら「完了」を押す。

一般ユーザーも同じ要領で設定する。

一般ユーザ

フルネームとユーザーネームは被りがあっても問題ない。ユーザー名とパスワードを指定し終わったら「完了」をクリックする。

一般ユーザの登録

「高度」を選択すると、ユーザーのディレクトリやユーザーIDやグループIDの指定が出来る。今回はデフォルトのままで問題ない。

高度なユーザ設定

一通りの設定を終えたのであとはインストール作業が終わるのを待つことになる。選択したパッケージの数によっては時間がかかる、ほぼエラーすることはないが、念のために経過を見守ろう。

インストール待ち

インストールが終了したら「再起動」ボタンをクリックして再起動する。

インストール後は再起動

するとブートローダーが起動する。標準では一番上のエントリーが起動する。そのまま起動させよう。

ブートローダー

初期起動時オープンソースライセンスの同意を求められる。同意して問題ない。特に「使用料が発生する」「機能が制限される」といった類のものではないので安心していただきたい。

ライセンス

「1」を押してエンター。

「2」を押してエンター。

「c」を押してエンター。

「c」を押してエンター。完了だ。

正常にOSが起動するとログイン画面が表示される。インストール時に設定したパスワードを入力して「サインイン」する。

CentOSにログイン

初回起動時Gnomeの初期セットアップが表示される、「日本語」を選択し「次へ」をクリック。

日本語を選択

次も日本語を選択しよう。

キーボード

次のセレクト画面だ。基本的にオンラインアカウントと情報を結びつける必要はないので、スキップをクリックする。

オンラインアカウント

これでGnome初期設定は完了だ。

設定完了

ヘルプが表示されるが、必要なければ×ボタンをクリックして閉じる。

ヘルプ

以上で完了だ。

デスクトップ

今回いきなりデスクトップ環境を起動したが、最小構成でインストールした場合下の様なログイン画面となる、ユーザー名とパスワードを入力してログインする。

CUI

このときパスワードが入力されていないように見えるが正常に入力されているのでそのまま入力しエンターを押す。ログインが完了すれば、プロンプトが表示されるはずだ。

まとめ

CentOSのインストール方法を細かくまとめてみた。

初心者の方にとってもわかりやすいように、とにかく1画面1画面解説をしているので、この通りに進めばCentOSはインストールできるはずだ。

反対に細かすぎる!ということであれば、デフォルトで一度インストールして、いろいろ試してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 阿蘇幸雄 より:

    isoイメージをダウンロードして、いきなりインストールですが、DVDに焼く作業はないのですか?

コメントを残す

*