【Linux基礎の基礎】「Ubuntu」の読み方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ubuntuの読み方

LinuxのディストリビューションUbuntuは、日本語的に読み方が困るのではないだろうか。

基本的に「ウブンツ」「ウブンチュ」「ウブントゥ」など、いろんな呼び方、読み方が存在するが、とりあえず一般的に話のなかで登場させる分にはどれでも通じるはずだが、正確なところを見てみよう。

Ubutuの読み方

「ウブンツ」「ウブンチュ」「ウブントゥ」など様々な読み方があり、正直どれでもいい。

(筆者はウブンツで覚えてしまって、それを使っている)

一般的な呼び方を選ぶと、最も普及している呼ばれ方としては「ウブントゥ」だろう。

厳密な呼び方表記は(国際音声記号[ʊˈbʊntuː]; oo-BOON-too)となる。だから「ウブントゥ」が正解だ。

Google翻訳では「ウブントゥー」「ウブンチュウ」の中間のような発音をする。

意味は南アフリカのズールー語で「他者への思いやり」という意味だ。

Ubuntuはカノニカルの支援を受けながら開発がなされる。カノニカル社の創業者は、南アフリカ生まれでイギリス市民権を持つマーク・シャトルワース氏である。

「ウブントゥ」は「他者への思いやり」というスローガンを、見事に達成しているディストリビューションである。

Ubuntuのインストール方法

Ubuntuを使ってみたいという方はまずはインストールが必要だ。下記ページを参考にしていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*