【初心者用】Linuxのコマンドとは?とコマンドラインの表示方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
コマンドとは

LinuxはWindowsのようにマウスを使って操作することもできる。

しかし、本来的な使い方で言えば、マウスを使わずにキーボードだけで操作することが多いだろう。キーボードを使って、「コマンド」というものによりコンピュータを操作していくのが基本だ。

このページではコマンドとは?とコマンドを入力するコマンドラインをどうやって表示するかについてお伝えする。

コマンドとは?

「コマンド」とは直訳すると「命令」になる。あなたはこれから「コマンド」をキーボードで入力して、「コンピュータに命令」をするのだ。

例えば「ls」というコマンドを実行すれば「ディレクトリ内部の情報を表示する」といった具合だ。「コンピュータとの対話」ともいえる。

気を付けていただきたいのは「コンピュータはあなたの命令に対して愚直」だということだ。あなたのコマンドが規則通りであればコンピュータはどんな命令でも従ってしまう。

ファイルやディレクトリを削除する「rm」コマンドなどを間違えて使ってしまった場合もコマンドは実行される。特に削除系のコマンドは気をつけて実行したい。

学習初期段階ではコマンドとそのオプションを覚える作業が多くなりがちだがこれはコンピュータとの対話との「語彙力を鍛える作業」なので、どうしても地道に覚えることになる。

ただ、日常的に使うコマンドは、我々の日本語における日常会話と同じで、自然と身につくので身構えすぎる必要はない。最初は片言で大丈夫だ。

コマンドラインやターミナル

CentOSを最小限構成でインストールした場合標準状態で下記の黒い画面に行く。ここでログインをすれば、コマンドを打つことができる。

CUIでのlogin

GUIが起動している場合も「Gnome端末」を立ち上げるか「Control+Alt+F2」などを押すとコンソール画面になるはずだ。「Gnome端末」を立ち上げる方法はすぐに後述する。

コマンドラインとは?

このコマンドを受け付ける状態とその画面を「コマンドライン」という。ログインすると「$」マークが出てくるので、そこの周辺をコマンドラインというイメージでいいだろう。

コンソールとは?

コンソールとはWindowsでいうコマンドプロンプトのことだ。

Linuxでは合計7つ「F1キー」から「F7キー」まで合計7つまでコンソールが用意されている。

参考書などを読むと、コマンドラインやコンソールやターミナルなどという言葉がどんどん出てくる。難しいかもしれないが、はじめのうちはどれも、この「コマンドを打つ画面」だと思っていただければ十分だ。

エンジニアに聞いても「説明しにくいなぁ」という顔をされる程度の違いなので、理解が進むにつれて把握していけばいい。

GUI環境でコマンドラインを実行するには?

Linuxは上のように黒い画面だけではなく、Windowsなどと同じようにデスクトップ環境を使うこともできる。

しかし細々とした設定や操作は、やはりコマンドラインからコマンドを入力して操作するのが主だ。

CentOSでは以下のようなアイコンをクリックするとGnome端末が起動する。

GUI コマンド

gnome term

この「端末=ターミナル」からコマンドを入力して行くことになる。

実際にやってみよう

とりあえずコマンドを打ってみる

試しにコマンドラインで次のように打ってみよう。

$ ls /

そして「Enter」を押してみる。

ls root

このように結果が表示される。

$ コマンド 対象

というのが基本的な使い方だ。次のようにコマンドを使っていく。

  1. コマンドを発行する。
  2. それに対する結果が返ってくる
  3. 再びコマンドを発行する

この繰り返しとなる。味気ないやり取りだが、コマンドをたくさん駆使できるようになると、それらをつなげて一括で複雑な処理が可能になるので、思いのほか便利だ。

そこにたどり着くまで、少しずつやっていこう。

オプションを指定してみよう

試しに

$ ls -l /

としてみよう。先ほどとは違った結果になるはずだ。今回は「ls」コマンドのオプション「l」を指定してみた、1列に並べて詳細表示してくれる。

ls -l

オプションとは言葉の通り、コマンドの付随機能を呼び出す方法だ。

$ コマンド -オプション 対象

という風に書く。

オプションはコマンドによりけりだ。これも語彙の一種だと思っていただきたい。

lsというコマンドだけでも10個以上のオプションがある。次の記事を参考にしてほしい。

「全部暗記しなければならないのか?」と不安になるかもしれないが、心配しないでほしい。すべてを暗記する必要はない。

使うときに、「インターネットやマニュアルという辞書」を引けばよいのだ。Linuxを使うときには、目の前にコンピュータがあるわけだから、それを使って調べればいい。

Linuxにおけるコマンドとオプションの基本ルール

$ ls -l /

と先ほどコマンドを発行したが、「なぜこうなったのか?」を説明しよう。まず「$」はとりあえず今は「ここから先がコマンドを受け付ける」という認識をしておけばいい。

そのあとの「ls」がコマンドだ。これが命令本体である。そのあと「スペース」をはさんで「-」のあと「l」が来る。スペースはコマンドの切り目でありハイフンはここから「オプション指定」の印だと思えばよい。そして「l」がオプションである。

そしてスペースをはさんで「/」が対象だ。

また複数のオプションはまとめて指定できる。「ls」には「l」や「h」といったオプションが存在する。以下のようにオプションはまとめて表記できる。

$ ls -lh /

ls -lh

「h」は人間のわかりやすい単位で表示してくれというオプションだ。

  • コマンドとは「どのようなことをしてほしいか?」
  • オプションは「どう動作してほしいか?」
  • パラメータは「なにに作用すればいいか?」特に指定しない場合もある。
  • この3つの間にはスペースを入れる。
  • オプションの前には大体ハイフンが入る。
  • オプションはまとめることができる。

ということを意識してみてほしい。

「$」マークの前左側の表記は何?

これはデフォルトだと「あなたのユーザ名」と「どのマシンにログインしているか?」「今どこのディレクトリにいるのか?」という情報が記載される。

これは設定によって自由に定義できる。設定ファイルはユーザ定義の場合「~/.bashrc」システム全体への設定の場合「/etc/bashrc」などで定義されている。

覚えておくと便利なショートカットキー

  • Tab 長いコマンドを補完入力してくれる。
  • Control+pを押すと前回のコマンドを補完してくれる。
  • Control+nを押すと戻る前のコマンドを補完してくれる。
  • Control+a コマンドラインの一番最初へカーソルを移動。
  • Control+e コマンドラインの一番後ろへカーソルを移動。

次の記事で詳しく説明している。

コマンドの例

いくつか簡単なコマンドを叩いて実験をしてみよう。

$ ls

ディレクトリ内部の一覧を表示する。

$ date

日時を表示する。

$ who

誰がログインしているかを表示する。

$ id

ユーザのidを表示する。

きちんと表示されただろうか?

まとめ

このページでは、Linuxの基本の基本となるコマンドとコマンドラインについてお伝えした。

とにかく今後はコマンドを叩いていくことになる。ぜひ上と同じように実際に作業して感覚を掴んでいただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*