【初心者向け】Gitリポジトリの作成方法

gitリポジトリの作成方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Gitリポジトリを作成するには、initコマンドを使えばいい。このページではその使い方を簡単にご紹介しよう。

Gitリポジトリの作成方法

リポジトリを作成するとは、ワーキング・ディレクトリの変更を記録するために空のリポジトリを新たに作成することだ。

git init

リポジトリを作成するコマンドの基本は簡単だ。

git init

Gitのコマンドが実行されたサブディレクトリに「.git」と名付けられたサブディレクトリが作成される。この時点では空のリポジトリを作るだけで、プロジェクトの追跡は何も始まっていない。

では、基本的なGitの使い方と流れを見てみよう。

使い方と流れ

リポジトリを作成するためのディレクトリ:/c/gitworkを作成し、そのディレクトリにプログラム・ファイル:Program01.javaをコンテンツとして置く。そして、作成したディレクトリに移動してgit initコマンド実行する。

git init

実行結果

コンソールからlsコマンドを実行するとプログラム・ファイルがディレクトリ内にあることが分かる。そこで、git statusコマンドを実行する。

コマンドgit initを実行しただけでは、そのProgram01.javaというプログラム・ファイルが、Untracked files(追跡されていないファイル)の中にありGitの追跡対象のとなっていないことが分かる。

git init 実行結果

ここからgit addでステージに乗せて、git commitでバージョンを保存していくのだが、また次のページ以降でご紹介していこう。

また、git initコマンドについてももう少し詳しく下記で解説している。

まとめ

このページではGitリポジトリの作成方法について簡単にご紹介した。参考にしていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*