【はじめての方向け】Apache Tomcatのインストール方法を簡単に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TomcatはJavaでWebアプリケーションを動かすために必要なソフトウェアだ。だいたいJavaを使うときはTomcatを使うのが一般的になっている。

このページではTomcatのインストール方法をご紹介しよう。初心者の方向けに紹介している。

Tomcatとは?

TomcatはJavaで作られたWebアプリケーションを動かすために必要なWebコンテナの1つだ。Webコンテナなどの言葉がわからない方は下記をご参考に。

フリーで使えるものの中では最もメジャーと言えるのではないだろうか。

Webコンテナではあるが簡易なWebサーバー機能も備えており、簡易的に使うならTomcat単体でも十分だろう。システムとして公開したりする場合は、Webサーバーは別に用意し、連携して使う必要がある。

インストールの前提

このページでインストールを行う環境は以下だ。

OS

Windows10(64Bit)

Tomcat

9.0.0.M10

※Tomcatを動かすためにはJDKがインストールされていることが前提となる。コマンドプロンプトでコマンド「java –version」を実行し、インストール済みであることを確認しよう。下記も参考に。

ダウンロード

Tomcatのダウンロードは、次のサイトから行える。

Apache Tomcat    http://tomcat.apache.org/download-90.cgi

環境に合わせてバージョンを選ぼう。今回は最新のTomcat9をダウンロードする。

tomcat

64bit版、32bit版がある。自身のPC環境に合ったものをダウンロードしよう。

32-64

Tomcatのインストール

ZIPファイルの展開

ダウンロードしたZIPファイル「apache-tomcat-9.0.0.M10.zip」を展開し、任意の場所へ置く。特に決まりはない。ここではCドライブ直下に置いた。

tomcat

※「C:\Program Files」へ配置するとWinodows10のUACの影響で非常に苦労する場合があるのでUACの影響を受けない場所への配置をお勧めする。

またフォルダ名はわかりやすいように変更しても構わない。

(apache-tomcat-9.0.0.M10 → tomcat-9.0.0 など)

環境変数の設定

まずは、環境変数を設定していく。環境変数についてわからない方は下記ページを参考にしてほしい。

環境変数「CATALINA_HOME」を作成する。ユーザー変数で良い。変数値にはTomcatフォルダを置いた場所を指定する。

ユーザ変数

続いて、環境変数「Path」を編集する。末尾に「;%CATALINA_HOME%\bin;」という文字列を追記。

環境変数

最後に、システム環境変数「JAVA_HOME」の確認しよう。

システム環境変数にJAVA_HOMEがあればOKだ。もしない場合は追加する必要がある。変数値はPCにインストールされているJavaフォルダの位置だ。

java_home

起動と停止

起動

Tomcatフォルダ配下のbinフォルダ内の「startup.bat」をダブルクリック。

13

以下のような画面が出ればOK。

正常に起動していれば、最後に「情報: Server startup in 1789ms」というような起動にかかった時間が表示される。また、

p4

Webブラウザを立ち上げて「http://localhost:8080/」へアクセス。次の画面が表示される。

tomcat

停止

binフォルダ内「shutdown.bat」をダブルクリックすればよい。

エラー

startup.batをダブルクリックしても起動できない場合は何も表示されない。そのような時はコマンドプロンプトを立ち上げ、binフォルダがある場所まで移動し、「startup.bat」をコマンドプロンプトから実行しよう。エラー内容が表示される。

startbat

上記エラーは、環境変数「JAVA_HOME」が設定されていないために発生している。

Webアプリケーションマネージャ有効化

Tomcatにアプリケーションを配備した時の実行や停止、再実行を画面から実行できる「Webアプリケーションマネージャ」を有効にしよう。

「apache-tomcat-9.0.0.M10\conf」フォルダにある「tomcat-users.xml」ファイルを変更する。

conf

「tomcat-users」要素に下記の行を追加する。

tomcat

※usernameとpasswordには任意の値を設定できる。

tomcatを再起動し、下記のURLにアクセスする。

http://localhost:8080/manager/html

アカウントとパスワードの入力を求められるので、設定したアカウントとパスワードを入力する。認証されると次の画面が表示される。

tomcat

まとめ

このページではTomcatのインストール方法についてまとめてご紹介をしてきた。Tomcatのインストールはそれほど手順が多くないため、比較的わかりやすいだろう。

参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*