オプション含めたsshコマンドの使い方 【Linuxコマンド集】

sshコマンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

sshは外部のコンピュータにアクセスするコマンドだ。

同じ機能をするコマンドとしてtelnetがあるが、sshでは通信経路の通信内容がすべて暗号化されているので、よりセキュアな通信ができる。

今回はsshコマンドを使用したセキュアな自分以外へのコンピュータへのアクセス方法を解説する。

sshコマンドの基本

コマンドの基本

使い方は、次のとおり接続先としてIPアドレスを指定する。

$ ssh 接続先IPアドレスまたはDNSアドレス

sshコマンドを使うには次の情報が必要だ。

接続先のIPアドレス、またはDNSアドレスを知っていること。

接続先のコンピュータに接続するユーザーが登録されていること。

さらにそのユーザーに接続許可がされていること。

sshコマンドを利用する前に確認しておこう。

IPアドレス192.168.179.10のコンピュータに接続する場合は、次のコマンドだ。

$ ssh 192.168.179.10

sshコマンド

接続相手の鍵が取得され、その鍵で登録して接続を続行するか聞いてくるのでyesで続行する。

sshコマンド

次にパスワードを聞いてくるので入力する。

sshコマンド

そのコンピュータ、ホストa-stationを操作するコマンドを入力できるようにプロンプトが表示される。

オプションなしでは、SSH接続先に接続するログイン名は現在のLinuxコマンドを打ち込んでいるユーザー名だ。

2回目からの接続

はじめて接続するコンピュータでの接続時には、セキュリティのための鍵の生成のプロセスがあった。

2回目からの接続では、鍵の生成はない。

再度同じコマンドで接続してみる。

$ ssh 192.168.179.10

sshコマンド

するとパスワードを聞いてくるので入力する。

sshコマンド

パスワードを入力しただけで接続できた。

IPアドレスが間違っている場合

IPアドレスが間違っている場合は、コンピュータをネットワーク上で見つけることができず、次のようなNo route to hostという表示となる。

sshコマンド

というメッセージが表示される。

この場合は接続先のコンピュータのIPアドレスが間違っていないか確認するとともに、接続元と接続先のコンピュータがネットワーク自体に正しく接続されているか確認してみよう。

ユーザーにアクセス許可がない、またはパスワードが間違っている場合

ユーザーにアクセス許可がない場合でも、パスワードは聞いてくる。

しかし、ユーザーとパスワードの組み合わせが認識できず、次のようなPermission deniedという表示となりパスワードの入力を再度求められる。

sshコマンド

しかし、SSH通信の場合、非常にまれにではあるが、正常に入力してもこのような表示となる場合もある。

何度入力してもアクセスできない場合は、接続先のコンピュータの管理者に問い合わせよう。

sshコマンドのオプション

コマンドの一覧

後から詳細をご紹介するが、まずは一覧で見てみよう。

オプション -l

あらかじめログインユーザー名を指定する

では、詳しく見ていこう。

-lオプション:あらかじめログインユーザー名を指定する

あらかじめログインユーザー名を指定するオプションで、書式は次の通りだ。

$ ssh -l ユーザー名 接続先IPアドレスまたはDNSアドレス

ログインユーザー名がLimeを指定してIPアドレス192.168.179.10のコンピュータにログインする場合のコマンドは、次の通りだ。

$ ssh -l Lime 192.168.179.10

sshコマンド

ホストa-stationにログインユーザー名がLimeでパスワードのみ入力すればログインできる。

関連コマンド

最後にsshコマンドに関連して、基本的な外部機器へアクセスするコマンドも紹介しておく

telnet

外部の機器と接続する。

exit

ログアウトする。

まとめ

今回は、sshコマンドを使った外部機器との接続の方法を解説した。

ネットワークを使ったリモート接続はTELNETからよりセキュリティの高いSSH接続が推奨されてきている。

サーバーによってはTELNET接続を許可していないケースも多く、これからはsshコマンドが主流になってくるだろう。

ただ、サーバーにSSHサーバーソフトが起動していない場合は、SSH接続はできないため、小規模なシステムではTELNET接続になっているケースもある。使い分けて活用していこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する