【Linux基礎の基礎】「Ubuntu」の読み方は?

ubuntuの読み方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LinuxのディストリビューションUbuntuは、日本語的に読み方が困るのではないだろうか。

基本的に「ウブンツ」「ウブンチュ」「ウブントゥ」など、いろんな呼び方、読み方が存在するが、とりあえず一般的に話のなかで登場させる分にはどれでも通じるはずだが、正確なところを見てみよう。

Ubutuの読み方

「ウブンツ」「ウブンチュ」「ウブントゥ」など様々な読み方があり、正直どれでもいい。

(筆者はウブンツで覚えてしまって、それを使っている)

一般的な呼び方を選ぶと、最も普及している呼ばれ方としては「ウブントゥ」だろう。

厳密な呼び方表記は(国際音声記号[ʊˈbʊntuː]; oo-BOON-too)となる。だから「ウブントゥ」が正解だ。

Google翻訳では「ウブントゥー」「ウブンチュウ」の中間のような発音をする。

意味は南アフリカのズールー語で「他者への思いやり」という意味だ。

Ubuntuはカノニカルの支援を受けながら開発がなされる。カノニカル社の創業者は、南アフリカ生まれでイギリス市民権を持つマーク・シャトルワース氏である。

「ウブントゥ」は「他者への思いやり」というスローガンを、見事に達成しているディストリビューションである。

Ubuntuのインストール方法

Ubuntuを使ってみたいという方はまずはインストールが必要だ。下記ページを参考にしていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する