【1分で把握】viでのペースト(貼り付け)の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

viでの貼り付け方法は簡単だ。コピーか削除したデータを「p」もしくは「P」で貼り付けることができる。

実際の動作を見ておこう。

viでのペースト(貼り付け)の方法

viでのテキスト操作

コピーや切り取り、ペーストの作業はテキスト編集の基礎であり、vimであれWindowsのメモ帳であれ同じような機能があることを「vi コピー・カット」のページでご紹介した。

メモ帳などよりも高度な範囲選択が可能となっているのがわかっていただけたと思う。

ペーストの方法は2種類

ペーストの方法は2種類ある。

ひとつは一番よく使われる通常の貼り付けだ。コマンドは次のようになる。

p

こちらが通常の貼り付けで、ペーストするとカーソル行の下に貼り付けをしてくれる。

カーソル行の上に貼り付けをする場合には、大文字の「P」になる。

P

基本的に「p」だけ使えればほとんど困ることはない。豆知識として「P」を押すとカーソル行の上にペーストしてくれるということを頭の片隅にいれておこう。

実際にやってみる

以下のようなファイルが存在するとする。

vi p

1行目で「3yy」を押して3行ほどヤンクする。

1行目でペーストを「p」を実行すると以下のようになる。

vi p2

1行目の下にペーストされたことがわかる。「u」で戻してから今度は試しに1行目で「P」を押してみよう。

vi p3

上の方へペーストされていることが確認できる。

まとめ

簡単ではあるがこのページではviでのペースト(貼り付け)の方法をお伝えした。

「p」およびできれば「P」も覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する