ざっくりとOSの種類まとめました【初心者向けに簡単解説!】

osの種類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

OSにはたくさんの種類がある。

このページでは初心者の方向けに、OSとは何かと、OSの種類についてざっくりと解説した。参考にしていただければと思う。

OSとその種類

OSとはご存知の通り、Operating Systemのことで、ユーザがコンピュータを動かしやすくするための基盤となるシステムだ。

少々難しく言うと、「ハードウェアの制御と抽象化を行い、ユーザと意思疎通をするためのソフトウェア」だ。まぁ、これがないと動かない、基礎ソフトだと思っておけばそれで十分だろう。

OSというとWindowsが代表的だ。普通に使うコンピュータのOSのシェアはWindowsが圧倒的で、90%以上の人がWindowsを使っている。

しかし、PCにはMacのパソコンもあるし、スマートフォンには違ったOSが使われているし、Web経由でサービスを提供するサーバーにも違うOSが使われている。

ざっくりと一通り解説していこう。

Windows

widows

一般的なコンピュータにインストールされているOSといえばWindowsである。市販されているコンピュータを購入すると大概はインストールされている。

とにかく一般的にコンピュータと言ったら、Windowsのことで、OSはWindowsしか知らないという人が多い。それくらい圧倒的に使われている。

Microsoft社が作ったもので、ご存知ビルゲイツ氏はその結果として(一般に観測できる範囲では)世界一の富豪となった。

microsoft

Windows 95は世の中を大きく変えたと言われていて、続いてWindows XP、Vistaなどと続いていく。

クライアントとして一般大衆向けでは現在Windows 10が最新であり、継続的にバージョンがあがっている。現状は過去にあったような大きな節目でバージョンを区切る形式はとっていない。

一方サーバの分野ではWindowsServerエディションが存在し、現状WindowsServer2012R2が最新だ。

 

Mac OS

mac

一般的なコンピュータでWindowsを搭載していない場合は、ほぼApple社が開発しているマッキントッシュが一般的だろう。

PCの黎明期に、Apple2など画期的な製品をリリースし、圧倒的な勢いを誇っていたのがApple製のコンピュータだ。

一時はWindowsに抜かれ、苦しんでいたが、スティーブジョブス氏によって、復活を果たしている。Apple社製のiPodやiPhoneなどの周辺機器と相性がいいというのも相まって、Apple製のMacが買われはじめ、一定のシェアを今では獲得し直している。

マッキントッシュ(Mac)とはAppleのコンピュータのブランド名であり、ハードウェアからソフトウェアまでApple社が面倒をみている。

ここがWindowsとの大きな違いだ。Windows側はハードウェアを作らずに、広げることに注力した。Sonyや富士通などが作ったPCの上に乗せる形だ。しかし、MacはApple社がPCごと手がけている。

Mac OSは非常にグラフィカルであり、ユーザフレンドリーである。とても使い易い。

比較的にデザインと操作感がアプリケーション間で共通しており、統一性のある操作が可能となっている。グラフィカルユーザインターフェイスを迅速かつ的確に提供することに関してはパイオニアであった。

apple

またMac OS Xからは根幹はUnixベースとなっており、現在では商用Unixとして一定の成功をおさめている。(UnixもOSの一種だが後ほど説明しよう)

Unixの堅牢性とApple社が築きあげたユーザインターフェイスが統合され、非常に完成度の高いシステムとなっている。とても使い易いので、使っているエンジニアの数は日に日に増えている感がある。

かつてはマッキントッシュの上ではMac OSしか実行できなかったが、昨今ではWindowsとのデュアルブートが可能となっている。

Unix

unix

続いて、Unixだが、聞いたことすらない方も多いかもしれない。

もともと電話を発明したベル研修所が発表したものだ。当時OSという考え方そのものがなかったも同然だった。WindowsもMac OSもない時代だ。最古ではないが、それに近いレベルのOSだと思って欲しい。

WindowsやMacとの競争に負けて、そのものとしては企業の中でしか生き残っていない。

しかし、MacはUnixを元にしてできていて、他にもUnixを元にしたOSは多々あり、そういう意味では色々なところで現役で動いているOSだ。

Linux

linux

LinuxはオープンソースのOSだ。オープンソースとは、無料で使えて、中身もいじれるソフトウェアのことだと思って欲しい。

LinuxとUnixはとても似ている。UnixとLinuxの違いは下記ページで詳しい。

簡単に言うと、Linuxは「Unixの教育を受けて育った養子」とくらいの距離感だ。

Linuxは企業のサーバーとして使われることが圧倒的に多く、どんどん拡がっている。なんたって無料だからだ。

Linuxにはたくさんの種類がある。無料で、中身も公開されているので、たくさんリリースされたからだ。改良されたOSを「ディストリビューション」とよび、組織や個人でそれぞれの理念のもとディストリビューションとして開発している。

下記のページでディストリビューションの種類については解説している。

BSD

bsd

ちょっとマイナーなものもお伝えしておこう。

BSD(BerkeleySoftwareDistribution)でUnixOSの系統である、代表的なのはFreeBSD、OpenBSD、NetBSDなどがある。BSDはLinuxと違いUnixの血を引いているのである。

また開発形態も違いがある。Linuxではあちらこちらからソフトウェアを集めてOSとして機能させているが、BSDディストリビューションは一貫した管理のもと、カーネルからユーザのコマンドまで統一した開発を行っている。

そのためFreeBSD、OpenBSD、NetBSDではそれぞれ、中身のソースコードが違う。またBSDの開発は全体的に保守的な部分があり、現在のところ問題にならない部分は極力変更を加えないし、長年の蓄積でソースコードは非常に鍛えられたものとなっている。

FreeBSD、OpenBSD、NetBSDこれらのディストリビューションは開発理念が明確であり「FreeBSDは安定性」「OpenBSDはセキュリティー」「NetBSDは移植性」など各々特徴が明確である。実際はどのBSDも高いレベルでそれぞれの目標を達成しているといえる。

配布するためのライセンスはBSDライセンスとなっており、個人、組織、目的を問わず使用、改変も自由なものとなっている。BSDライセンスは改変した成果物などを公開するときもソースコードを公開しなくてもよいということになっている。

オープンソースライセンスのなかでも最も自由度の高いライセンスを採用している。

iOS

ios

こちらもMac OSと同じようにApple社が開発したOSだ。

Mac OSがコンピュータ用なのに対し、iOSはその他のAppleの機器用に開発されている。例えばiPodやiPhoneやiPadなどだ。

iOSはAppleの製品の上でしか動かない。そのため、シェアとしては下で説明するAndroidには負けるが、ハードウェアとの相性がよく操作性は抜群だ。

Android

android

最後にAndroidをご紹介しよう。

AndroidはGoogle社が開発したOSだ。iOSとは対照的に、他の企業にも公開されていて、Androidが搭載されたスマートフォンは爆発的に拡がっている。世界シェアも圧倒的にNo.1だ。

Androidそのものは無料だ。中に入っているブラウザからの広告費とGoogle Play Storeから入って来る収益でGoogle社は開発を進めている。

スマートフォンだけではなく、カーナビや車そのものや、メガネなどにも搭載されてきており、今後も確実に広がっていくOSだろう。

まとめ

このページではOSの種類について一通りまとめてきた。他にも多々あるのだが、最低限知っておきたいのはこのあたりになる。

ほとんどが有名なもので、IT業界の方に限らず知っておいた方がいいだろう。知らなかったOSがあれば、内容も含めざっくりと頭に入れておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる