【完全初心者向け】サーバサイドとは? 一体なんぞや?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

サーバサイドとは、そのままだがサーバ側で動く何かを意味している。

サーバサイドプログラミングであれば、JavaやPHPなどユーザ側ではなくサーバ側で動くプログラミングのことを指すといった形だ。

この説明ではわかりにくいという方もいるはずなので、このページで少々詳しく説明しよう。

サーバサイドとは?

そもそもサーバとは?

インターネットを使ったサービス、要するに世にあるITサービスの多くは、サーバとクライアントというもので成り立っている。

下記図で見た方がわかりやすいだろう。

クライアントとサーバ

クライアントはPCやスマホなど。これらからネットワーク越しにサーバにアクセスして、データやサービスなどを提供してもらう。

サービスを提供しているからサーバだ。

例えば、twitterやinstagramを見に行くとき、スマホだろうとPCだろうと同じようにサーバクライアントモデルになっている。

LINEでメッセージを送ったら、そのメッセージはサーバに送られて、他の人もサーバを見に行くことでメッセージのやりとりが成り立つ。

なお「サーバとは?」を詳しく知りたい場合こちらのページを参照してほしい。

サーバサイド

このサーバ上で動くものをサーバサイドという言い方をする。サーバサイドエンジニアというと、サーバサイド(側)で動くシステムを作るエンジニアだ。

次のようなプログラムを使いこなすエンジニアが多い。

Java

java

Javaは代表的なサーバサイドプログラミング言語だ。サーバサイドというか、何にでも使えるのがJavaの特徴だが、サーバサイドの匂いが強いのでとりあえず押さえておこう。

下記ページもご参考に。

PHP

php

PHPもサーバサイドの典型例だ。こちらはほとんどWebアプリケーションのサーバサイド専用機みたいな言語になっている。

Ruby

ruby

日本人が作ったプログラミング言語であるRubyも人気のサーバ言語だ。Ruby on Railsというフレームワーク(テンプレートみたいなもの)を元に使われることが多い。

 

キリがないので挙げないが、他の言語も多くはサーバサイドで動く。

クライアントサイド

Webであれば基本的にサービスをサーバで提供することの方が多い。そのため、反対にクライアントサイドエンジニアの方が少なかったりする。しかし、徐々にこちらのニーズが高まってきているのが現状で、JavaScriptエンジニアは重宝される。

JavaScript

javascript

クライアントサイドエンジニアというと、JavaScriptエンジニアが想像されることが多くなっている。こちらはユーザのブラウザで動くプログラミング言語だ。Javaと関係がありそうで、ほとんどない。

下記ページも参考にしていただければと思う。

まとめ

このページではIT業界でよく聞く「サーバサイドとは?」についてまとめてご紹介してきた。

IT業界でやっていくためには、営業担当でも知っておかないといけない知識だ。覚えておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる