groupdelコマンドの使い方まとめ【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
groupdelコマンド

groupdelはグループを削除するLinuxコマンドだ。

このページでは、グループの削除方法を解説する。Linuxサーバーの管理では必須のコマンドなので、使い方は把握しておこう。

groupdelコマンドの基本

コマンドの基本動作

Linuxのグループについて全体像を知りたい方は下記のページを先に確認してほしい。

Linuxグループの削除は、一般ユーザーでは操作できない。

スーパーユーザーなど、管理者権限を持つアカウントで操作する

グループを削除するのは、次のとおり簡単だ。

$ groupdel グループ名

はじめに、/etc/groupの内容を確認し、登録されているグループを見てみよう。

$ cat /etc/group

cat /etc/group

現在、Asiaグループがある。

このAsiaグループを削除するには次のコマンドだ。

$ groupdel Asia

groupdelコマンド

再度、/etc/groupの内容を確認し、登録されているグループを見てみよう。

$ cat /etc/group

cat /etc/group

Asiaグループが削除された。

もしも、ないグループを削除しようとした場合は、エラーとなる。

今、削除したAsiaグループを削除してみよう。

$ groupdel Asia

groupdel

エラーメッセージが表示された。

また、groupdelはGIDでは指定できない。

GIDが2052番で登録されているTeamZを2052で削除してみよう。

$ groupdel 2052

groupdelエラー

エラーメッセージが表示された。

groupdelはGIDではなく、削除したいグループ名で指定しよう。

グループは、主グループ(プライマリーグループ)として所属しているメンバーが存在すると削除できない。

削除前にグループ内の全ユーザーの主グループを違うグループに移動する必要がある。

サブグループとして登録しているメンバーがいても、グループは削除できる。この場合は、確認のメッセージなどは表示されないので操作は慎重に行おう。

groupdel関連コマンド

最後にgroupdelコマンドに関連して、基本的なグループ関連、及びアクセス権限関連のコマンドも紹介しておく。

groupaddコマンド

グループを追加する。

groupmodコマンド

グループの設定を変更する。

useraddコマンド

ユーザーを追加する。

usermodコマンド

ユーザーの設定を変更する。

userdelコマンド

ユーザーを削除する。

chownコマンド

ディレクトリやファイルの所有者を変更する。

chgrpコマンド

ディレクトリやファイルにアクセスできるグループを変更する。

chmodコマンド

ディレクトリやファイルのアクセス権を変更する。

まとめ

このページでは、groupdelコマンドを使ったファイルやディレクトリにアクセスするグループの削除の方法を解説した。

不要になったグループは整理していこう。

特に期間が決まっているグループを設定した場合、グループを開設したときのポリシーに従って適切に削除することをオススメする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*