簡単解説!「Java」の意味とは?

javaの意味
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「Java」。様々な場面で聞くことがあると思うが、意味がわからないという方も多いのではないだろうか?

Javaとはプログラミング言語の一種だ。便利でしっかりとしたプログラミング言語で人気が高く、使いやすい。

このページではもう少し詳しくJavaの意味をご紹介しよう。

Javaの意味

java

Javaとは

Javaというのは、1995年にSun Microsystemsによって発表されたプログラム作って動かすために必要なものをひとつにまとめた製品のことである。プログラミング言語以上の意味を持っている。

また、ひとつにしただけではなくて、どこでも動かす仕組みもこの中に入っている。

この製品の名前は、最初Oakと呼ばれていた。しかし、製品を発表する段階になって、その名前が他の製品の商標として使われていたことが分かったので、Javaという名前が採用された。

Javaとは元々コーヒー豆の一種だ。Javaというプログラミング言語もこちらが元になっている。

Javaの特徴

Javaの最大の特徴は、「一度書けば、どこでも動く」と言う点だ。冷蔵庫や車の中に組み込まれたコンピュータからノートパソコンや銀行のオンラインシステムのどこでもJavaは実際に動いている。

java

こうして、様々機器をインターネットにつなげたいという時代の波に乗って、Javaは様々な機器に組み込まれて世界中に広がっていた。

Javaで作れるもの

Javaで作れるものに関しては、下記にて確認していただければと思う。

Javaの意味

下記でも詳しく説明している。

まとめ

このページではJavaの意味についてまとめてお伝えした。興味がでれば、ぜひ勉強を開始して見てほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する