簡単解説!「Java」の意味とは?

javaの意味
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「Java」。様々な場面で聞くことがあると思うが、意味がわからないという方も多いのではないだろうか?

Javaとはプログラミング言語の一種だ。便利でしっかりとしたプログラミング言語で人気が高く、使いやすい。

このページではもう少し詳しくJavaの意味をご紹介しよう。

Javaの意味

java

Javaとは

Javaというのは、1995年にSun Microsystemsによって発表されたプログラム作って動かすために必要なものをひとつにまとめた製品のことである。プログラミング言語以上の意味を持っている。

また、ひとつにしただけではなくて、どこでも動かす仕組みもこの中に入っている。

この製品の名前は、最初Oakと呼ばれていた。しかし、製品を発表する段階になって、その名前が他の製品の商標として使われていたことが分かったので、Javaという名前が採用された。

Javaとは元々コーヒー豆の一種だ。Javaというプログラミング言語もこちらが元になっている。

Javaの特徴

Javaの最大の特徴は、「一度書けば、どこでも動く」と言う点だ。冷蔵庫や車の中に組み込まれたコンピュータからノートパソコンや銀行のオンラインシステムのどこでもJavaは実際に動いている。

java

こうして、様々機器をインターネットにつなげたいという時代の波に乗って、Javaは様々な機器に組み込まれて世界中に広がっていた。

Javaで作れるもの

Javaで作れるものに関しては、下記にて確認していただければと思う。

Javaの意味

下記でも詳しく説明している。

まとめ

このページではJavaの意味についてまとめてお伝えした。興味がでれば、ぜひ勉強を開始して見てほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる