groupdelコマンドの使い方まとめ【Linuxコマンド集】

groupdelコマンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

groupdelはグループを削除するLinuxコマンドだ。

このページでは、グループの削除方法を解説する。Linuxサーバーの管理では必須のコマンドなので、使い方は把握しておこう。

groupdelコマンドの基本

コマンドの基本動作

Linuxのグループについて全体像を知りたい方は下記のページを先に確認してほしい。

Linuxグループの削除は、一般ユーザーでは操作できない。

スーパーユーザーなど、管理者権限を持つアカウントで操作する

グループを削除するのは、次のとおり簡単だ。

$ groupdel グループ名

はじめに、/etc/groupの内容を確認し、登録されているグループを見てみよう。

$ cat /etc/group

cat /etc/group

現在、Asiaグループがある。

このAsiaグループを削除するには次のコマンドだ。

$ groupdel Asia

groupdelコマンド

再度、/etc/groupの内容を確認し、登録されているグループを見てみよう。

$ cat /etc/group

cat /etc/group

Asiaグループが削除された。

もしも、ないグループを削除しようとした場合は、エラーとなる。

今、削除したAsiaグループを削除してみよう。

$ groupdel Asia

groupdel

エラーメッセージが表示された。

また、groupdelはGIDでは指定できない。

GIDが2052番で登録されているTeamZを2052で削除してみよう。

$ groupdel 2052

groupdelエラー

エラーメッセージが表示された。

groupdelはGIDではなく、削除したいグループ名で指定しよう。

グループは、主グループ(プライマリーグループ)として所属しているメンバーが存在すると削除できない。

削除前にグループ内の全ユーザーの主グループを違うグループに移動する必要がある。

サブグループとして登録しているメンバーがいても、グループは削除できる。この場合は、確認のメッセージなどは表示されないので操作は慎重に行おう。

groupdel関連コマンド

最後にgroupdelコマンドに関連して、基本的なグループ関連、及びアクセス権限関連のコマンドも紹介しておく。

groupaddコマンド

グループを追加する。

groupmodコマンド

グループの設定を変更する。

useraddコマンド

ユーザーを追加する。

usermodコマンド

ユーザーの設定を変更する。

userdelコマンド

ユーザーを削除する。

chownコマンド

ディレクトリやファイルの所有者を変更する。

chgrpコマンド

ディレクトリやファイルにアクセスできるグループを変更する。

chmodコマンド

ディレクトリやファイルのアクセス権を変更する。

まとめ

このページでは、groupdelコマンドを使ったファイルやディレクトリにアクセスするグループの削除の方法を解説した。

不要になったグループは整理していこう。

特に期間が決まっているグループを設定した場合、グループを開設したときのポリシーに従って適切に削除することをオススメする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する