ユーザの情報を確認するidコマンドの説明【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
id コマンド

idは登録ユーザーの情報を表示するLinuxコマンドだ。ユーザー番号(UID)、主登録グループ名とその番号(GID)、副登録グループ名とその番号(GID)を確認できる。

このページでは基本的な登録ユーザー情報の確認の方法を解説する。とてもシンプルなのですぐにわかるはずだ。

idコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおりとても簡単だ。

$ id ユーザー名

例えば、ユーザーKellyの情報を確認する場合は、次のコマンドだ。

$ id Kerry

idコマンド

表示される番号は次の通りになる。

  • uid(user id)= ユーザー登録番号(ユーザ名)
  • gid(group id)= メイングループ名(その番号GID)
  • groups = サブグループ名とその番号(GID)一覧

グループについては下記のページが詳しい。

id関連コマンド

最後にidコマンドに関連して、基本的なグループ関連、及びアクセス権限関連のコマンドも紹介しておく。

useraddコマンド

ユーザーの設定を追加する。

usermodコマンド

ユーザーの設定を変更する。

userdelコマンド

ユーザーを削除する。

groupaddコマンド

グループを追加する。

groupmodコマンド

グループの設定を変更する。

groupdelコマンド

グループを削除する。

chownコマンド

ディレクトリやファイルの所有者を変更する。

chgrpコマンド

ディレクトリやファイルにアクセスできるグループを変更する。

chmodコマンド

ディレクトリやファイルのアクセス権を変更する。

passwdコマンド

ユーザーのパスワードを設定、変更する。

まとめ

idコマンドを使ったユーザー情報の確認の方法を解説した。簡単なコマンドなので覚えてしまい、ユーザー操作関連のコマンドと併せて、ぜひ活用して欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*