Javaメソッドの可変長引数 (最後の引数)の使い方

メソッドで引数の数を事前に設定したくないときがある。

例えば、入力した数字の平均値を出すというメソッドの時、何個入力するかはそのときどきで変えたい場合があるだろう。

そんなときに使えるのが、可変長引数だ。このページではJavaメソッドの可変長引数の使い方についてお伝えする。とはいえ、使い方は簡単だ。

Read More

sumコマンドについて詳しくまとめました 【Linuxコマンド集】

sumはファイルのチェックサムを計算するコマンドだ。

チェックサムとは、データ全体を特殊な計算アルゴリズムで算出し、導きだす数字のことで、ファイルの内容が同じであれば同一のチェックサムになる。

昔の通信方法では、ファイルを相手に送った際に、コピーミスや転送漏れによりファイルが正しく届かなったこともあった。その時に、チェックサムも同時に送ることで、送信側、受信側でチェックサムが同一であれば、ファイルは正しく送信されたと判断できた。

今日においては転送漏れなどが発生することは少なくなったが、転送経路の中で、ファイルを改ざんされるという事件がまれに起きる。

このような改ざんを防止することや、そもそもファイルの送り間違いなどの人的ミスもチェックサムの活用によって防ぐことができる。

Read More

【初心者向け】Javaメソッドのreturnの使い方

Javaに限らずメソッドを利用するとき、何かの値を入力して何かの値を出力したいというときは多い。

値の入力には引数を使うが、出力にはreturnを使う。また、returnは処理の中断にも使える。

このページではJavaメソッドのreturn文の使い方についてお伝えしよう。

Read More

【初心者向け!】Javaのメソッド(関数)の使い方

プログラミングにおけるメソッド(関数)とは、同じ処理を何度も実施したいときに、道具(メソッド)を作っておいて、繰り返し使うイメージだ。

Javaでももちろん同じだが、Javaを書くときには必ずmainメソッドが必要なので、言葉は聞いたことがある人がほとんどのはずだ。

このページではJavaのメソッドの使い方についてお伝えする。参考にしていただければと思う。

Read More

Linuxのファイルモードとは? と変更方法

Linuxでファイルモードと言うと、アクセス制御のモードを意味する。

ファイルやディレクトリにはパーミッションという許可属性が付与できるようになっていて、これはLinuxでとても大切な要素になってくる。また、はじめてLinuxを触る方がよくわからなくなるのもここの辺りだろう。

まずは簡単にファイルモードについてお伝えしよう。

Read More

【3分理解】Linuxディストリビューションの確認方法

「CentOSのバージョン何を使っているんだっけ?」

Linuxサーバを多数管理しているときなど、何のOSが使われているかわからなくなるときがあるかもしれない。また、引き継ぎを受けたサーバの中身などがわからないこともあるだろう。

このページではLinuxディストリビューションの確認方法をご紹介しよう。

Read More