最新記事一覧

exitコマンドの使い方についてまとめました 【Linuxコマンド集】

exitコマンド

exitはログアウトするLinuxコマンドだ。

ユーザーAの状態でユーザーBにログインするにはsuコマンドを利用するが、そのログインに対し、ログアウトする時に使う。

また、端末ソフトを利用していた場合、最初にログインしたユーザーの状態でログアウトを行うと、端末ソフトが終了し画面が閉じてしまう場合があるので注意しよう。

続きを読む

【初心者でも知っておきたい】Linuxでの文字コードの確認と変更方法

linuxの文字コード

Linuxでの文字コード設定はシステムやWebサイトの表示に直結してくる。

初心者の方が、Linuxを触って困ることの一つがこれだろう。CUIで操作しているのもわからないのに、なぜか文字が化けて出てくるわけだ。お手上げ状態になる。

このページではLinuxでの文字コードの確認と変更方法をお伝えする。参考にしてほしい。

続きを読む

【Linux入門】ローカライゼーションのためのロケール情報設定方法

linux ロケール情報

少し前までバズワードでしかなかったグローバルという言葉も、ここ10年で定着し、ビジネスとして必ず考えなければいけない所まで来ている。

Linuxを使ってサービスを提供するときも、海外のLinuxサーバを借りたときも、気にしなければいけないのがロケール情報(地域情報)だ。

このページではLinuxのローカライゼーションと、そのためのロケール情報についてまとめている。参考にしていただければと思う。

続きを読む

crontabコマンドについてまとめました 【Linuxコマンド集】

crontabは定期的にジョブを実行するようスケジュールするcronを設定するコマンドだ。

定期的なログの取得などに活用できる。

このページでは、次のようなプロセスの実行状況をテキストファイルlogdata.txtに蓄積するシェルを定期的に動作させる方法を紹介する。

続きを読む

【Linux】シェルスクリプトの関数の使い方!一通りまとめ

シェルスクリプトの関数

プログラミングをやったことがある人にはお馴染みだろうが、シェルスクリプトでも関数を作ることができる。

関数とは処理をまとめて、何度も使えるようにしたものだ。

シェルスクリプトは、もともとあまり複雑なプログラムを組むのに適してはいないが、関数を少し使って効率良く作成するくらいであれば構わないだろう。

このページでは関数の使い方についてご紹介する。参考にしてほしい。

続きを読む

mountコマンドについてまとめました【Linuxコマンド集】

mountはディスク装置をLinuxのディレクトリ内に埋め込み、使えるようにするマウントという作業をする、または管理するコマンドだ。

今日においては、ディスク装置はCD・DVD・ブルーレイディスク、外付けハードディスク、USBメモリなど多岐に渡る。

ディスク装置は、Linuxではファイルシステムと呼ばれる。

それらすべてはmountコマンドで利用できるよう設定することができる。

Linuxシステムの中でも重要なコマンドに位置づけされている。Linuxのエンジニアならスキルとして知っておかなければならないので、この機会に覚えておいてほしい。

続きを読む

duコマンドについてまとめました 【Linuxコマンド集】

duコマンド

duはディレクトリやファイル容量を確認するコマンドだ。

このページではduコマンドを利用したディレクトリとファイルの容量を確認する方法を解説する。

ファイル容量はlsコマンドのオプションでも確認できるが、duコマンドは、指定したディレクトリについて一度に表示できる。

続きを読む

dfコマンドについてまとめました【Linuxコマンド集】

dfはディスク容量を確認するコマンドだ。

このページではdfコマンドを利用したディスクの容量を管理する方法を解説する。

コンピュータに搭載されているディスク容量は、年々多くなってきているものの、容量自体は有限なので、データをどんどん詰め込めば、いつかは、容量がいっぱいになってしまうだろう。

ファイルサーバーの管理者は必須のコマンドなので、この機会に覚えておいてほしい。

 

続きを読む

bgコマンドについてまとめました【Linuxコマンド集】

bgはバックグラウンドの略で、Ctrl+Zのショートカットキーで中断していたジョブをバックグラウンドで実行するコマンドだ。

バックグラウンドで実行すれば、ジョブを実行させながら別のコマンド操作ができるようになる。

このページでは基本的なbgコマンドの使い方を解説する。

続きを読む

fgコマンドについてまとめました【Linuxコマンド集】

fgコマンド

fgはフォアグラウンドの略で、バックグラウンドで動作しているジョブを通常通りバックグラウンドではなくフォアグラウンドで実行するLinuxコマンドだ。

フォアグラウンドで実行すれば、実行結果を表示しながら実行することができるが、その代わりに、別のコマンド操作ができなくなる。

またfgコマンドは、Ctrl+Zのショートカットキーで中断していたジョブをフォアグラウンドで再開する時にも使用する。

このページでは基本的なfgコマンドの使い方を解説しよう。参考にしてほしい。

続きを読む

【初心者でもすぐわかる】シェルスクリプトwhileの使い方

シェルスクリプトのwhile

シェルスクリプトのwhileは「条件が満されているあいだ処理を繰り返す」という「繰り返しの制御文」だ。

if文とおなじくtestコマンドを使用して条件式をたてることが出来る。for文とくらべ複雑な条件式がたてられ、比較的柔軟だ。

このページではwhileについて使い方をご紹介する。シェルスクリプトを書くのであれば覚えておこう。

続きを読む

【簡単に解説】RPMパッケージを作成する方法

rpmパッケージの作成方法

このページではRPMパッケージ作成の方法を紹介する。

初心者の方であれば、とりあえず知らずともまったく問題がない。Linux入門を上から確認している方は、飛ばしてもいいだろう。

パッケージを作成するときはシステムに致命的な損傷を与えないよう、一般ユーザ権限でホームディレクトリの下で行うことをお勧めする。

続きを読む

プロセスを終了するkillコマンドの使い方まとめ!【Linuxコマンド集】

killは実行しているプロセスを終了するコマンドだ。

普通ではない動作をしているプロセスを終了する。他にも正規表現検索などでコンピュータに負荷をかけている動作を止める時などに使用する。

今回は実行中のプロセスの確認と、killを使ったプロセスの終了の方法を解説する。Linuxユーザーなら覚えておかなければならないコマンドだ。ぜひ把握しておこう。

続きを読む

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる